気が付いた時にすぐ修理!放置が危険な家の中の水漏れ

気が付いた時にすぐ修理!放置が危険な家の中の水漏れ 生活のために何気なく使っている水回りは、どんなに綺麗に使っていても時が経てば水漏れなどのトラブルを引き起こす可能性があります。今から使いたいから、業者に来てもらう時間がないからと修理を先延ばしにしていると浸水やカビの繁殖などの思わぬ二次災害を引き起こします。水漏れには自力で直すことが出来る軽いものと業者の力が必要なものがあり、素人の目ではなかなか判断がつきません。このくらい何とかなるだろうという甘い考えが被害を悪化させてしまい、業者に見てもらったときにはすでに手遅れになっていることもあります。別の料金が発生してしまうケースもあるので、勝手な思い込みで取り返しのつかない事になる前に早めの対処と対策が不可欠です。放っておくと危ない水回りトラブルはそれぞれの対処法で食い止めましょう。

■キッチン、台所の水トラブルは箇所ごとに修理

キッチンは料理や洗い物などで頻繁に使用する場所だからこそ水漏れしてしまう確率も高いです。キッチンで多く発生する水トラブルは排水口、排水ホースの詰まりです。食べかすや油分を含む調味料をそのまま流してしまい、何かの拍子に引っかかることで水が流れなくなり水漏れに繋がります。軽い詰まりであればパイプ洗浄液を流し詰まりの原因を除去すれば良いですが、長年流し続けたマヨネーズや油はこびりついてなかなか離れません。日頃から排水溝に固形物や溜まってしまう可能性のあるものは流さずに、袋に入れて処分することを心がけましょう。日々の積み重ねが水のトラブルを防ぐポイントにも引き起こす原因にもなります。

■止水栓や排水栓の水のトラブル
経年劣化が原因で起きる止水栓や排水栓はキッチンの下にあり、放置しておくと床下浸水や腐敗の原因になります。最悪のケースだと浸水した水が他の階に染みわたり雨漏りを引き起こします。水回りのトラブル史上一番厄介な水のトラブルです。すぐに水漏れ修理が必要ですが、勢いよく噴き出る水に動揺して困り果ててしまう前に水道メーターの止水栓を止めるのがポイントです。氾濫する水を食い止め、家にあるバスタオルや吸水性の高いマットなどで水の量を減らして腐らせないようにしましょう。またシンクの下にある食品や調味料などを移動しておくと業者を呼んだときに修理しやすく、食品のストックを無駄にせずに済みます。日頃から多くのものを収納せず、常に現状を把握しておくことも今からできる予防の一つです。

■トイレの水漏れ修理

水漏れのみならず菌の汚染や汚物の処理などで二次災害に発展する可能性があり、緊急を要するのがトイレの水漏れです。トイレの形式は各家庭で違いますが、温水洗浄便座などを安易に自分で修理するとさらに大きな水トラブルを引き起こします。それだけでなくコードに水がかかり、火災が発生するケースも考えられます。被害を最小限に食い止めるためにも業者に修理を依頼することが妥当です。水漏れの被害を最小限に食い止め、床掃除にも使える殺菌、抗菌タイプの洗剤を準備しましょう。汚染された水に潜む目に見えない菌の繁殖は家族の身体に影響を及ぼします。

■まとめ
普段日常的に意識をせずに使っている水回りは些細な変化に気が付きやすい箇所でもあります。自分で修理できるのか出来ないのかをとっさに理解するのは難しいかもしれませんが、そういう時だからこそ冷静に行動する事が重要です。実際水回りの修理は業者に頼んでも大きな額にならないケースが多いです。一度現状を相談してみてから修理を依頼し、今からできるケアや被害を最小限に食い止めるポイントを実行してみるのも良いでしょう。また水漏れは普段の生活から予防できることも多いので日頃から掃除して綺麗に使うことがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース